HOME > 保証について

保証について

壁体内無結露20年保証

認定施工士によりセルロースファイバー断熱工事が行われた木造建築物で、セルロースファイバー断熱材(コンファイブ)の内部に結露が発生しない事を保証いたします。

万一、断熱材内部の結露が起因して対象建築物を損傷した場合は、損傷部分の修復工事費用を損害賠償いたします。

損害賠償額は、保証期間を通して 2,000万円/1事故 を限度とします。但し、住宅瑕疵担保責任保険が適用となる修復工事の費用は、当該損害賠償額から除外されます。

保証期間は、CFマイスター認定施工士によるセルロースファイバー断熱工事が完了した後、本保証書が発行された日から、20年間が満了した日までとします。

その他免責事項がございますので詳細はご確認ください。


地盤ロングライフ補償(R)

20年地盤補償 地盤ネット株式会社
瑕疵担保履行法では、新築住宅の売り主(工務店・住宅会社等)が住宅の主要構造部分の瑕疵について負う瑕疵担保責任は10年間です。
瑕疵担保履行法ではカバーしきれない地盤部分の補償を弊社では地盤補償に特化した補償会社と提携することにより、20年間補償いたします。

具体的には地盤ネット株式会社が扱う地盤補償制度を採用しております。
長期に亘る補償を提供するための裏付けとして、20年間の補償適用期間を完全にカバーできる20年間の一括保険契約を大手損害保険会社と締結。20年間の一括保険契約によるバックファイナンスがあり、かつ更新手続きを必要としない「地盤品質証明書(補償適用期間20年)」を提供しています。

住宅瑕疵担保履行法について

住宅瑕疵担保履行法について
事業者の瑕疵担保責任
新築住宅を供給する事業者は、住宅のなかでも特に重要な部分である、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分(下図)の瑕疵に対する10年間の瑕疵担保責任を負っています。

瑕疵担保責任とは
契約の目的物に瑕疵(欠陥)があった場合に、これを補修したり、瑕疵によって生じた損害を賠償したりする責任のことをいいます。

瑕疵担保責任の履行の確保
住宅瑕疵担保履行法は、この瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険加入または供託)の事業者への義務付け等を定めています。これにより、消費者が安心して新築住宅を取得できるようになります。

義務付けの対象となる事業者
新築住宅を消費者に供給する建設業者や宅建業者に対して、瑕疵の補修等が確実に行われるように、保険加入または供託が義務付けられます。

家づくりを始める前にぜひ読んでみてください。「家づくりの小冊子」プレゼントはこちら